「行けたら行く」に優しさを感じる人は、どうぞ僕の前から消えてください。

スポンサーリンク

なにかイベントに誘った際に、「行けたら行く」と言う人がいますね。

僕はその言葉を社交辞令だろうと思っていました。そのように言う人のほとんどが来ませんからね。

しかし驚いたことに、100%行けなかったとしても「行けたら行く」と言うべき、と思う人間がいるらしいのです。

「行けたら行く」と言いなさいと怒られて、それをハッキリ断るツイート主さんも凄いですが、僕はこういう人、大好きです。

「だが断る」の精神が溢れていますね。

断る場所は選んだほうが良い

ただ、断るシーンによっては本当に親睦を乱すことがあります。

それはFacebookやTwitterなど、SNSのコメント欄です。

誰かしらが開催するイベント告知に、『私は行けません』などとコメントする人は失礼ですよね。

たまにいるんですよ。

だったらコメントしないでくれよって思う人。

先日も友人の投稿に「今更それやってんの?」とコメントしている方がいて、完全に無関係ですが即ブロックしました。

不快です。

不快な人はブロックせよ

僕はそういう人を見かけたら即ブロックします。

不快な人は自動的に目の前から消えてくれませんから、自分からストレスの原因を排除していくことが大切です。

ブロックすることにより、そういう人と繋がっている方とも関係性が薄れますからね。

不快なコメントをする方の友人が全員そうとは言えませんが、類は友を呼びますよ。

SNSは繋がる人を選ばないとアカウント乗っ取りなど実害が出るので要注意ですね。

まとめ

「行けたら行く」なんて言うのは計画性がない人間だと宣言しているようなものです。

そう言った方が良いと思う方は、一度でも自身でイベントを主催してみたらどうでしょうか?

そんな言葉が優しいなんて思えなくなるでしょうね。