ナレーター「見習い野食家の朝は早い」

福岡県大野城市。
大通りへ抜ける裏道に面した住宅街の一画。
ここに一軒の家がある。
見習い野食家ヤノケンタの自宅である。

日本有数の野食家。
彼らの活動は決して世間に知られるものではない。

我々は彼の一日を追った。

午前4時

彼は起き上がるとおもむろに水を計り始めた。
750mlのようだ。

Q.おはようございます。朝、早いですね。

僕「そうですね。イノシシの肉を解凍しているので今から燻製の仕込みをします。」

Q.こんなに朝早くから仕込むのは何か理由があるのですか?

僕「いえ、これといってありません。強いて言えば、昨夜やろうと思ってたのに寝落ちしたからですね。ははっ。」

彼は笑顔で応えると、塩60gと黒糖50gを水を張った鍋に入れ、
刻んだニンニクと胡椒、ローリエを投入し火にかけた。

僕「ここまで見たら分かると思いますが、この液体で肉を漬けるんです。ソミュール液って言います。」

Q.ソミュール液?燻製は塩漬けではないのですか?

僕「そういう作り方もありますね。でも、ソミュール液に漬けた方が塩分が均等に行き届くんです。まぁ燻製自体、初めて作るんですけどね。」

彼自身初めて作るらしい。
何故か自信に満ち溢れている。

見習いといえども一介の野食家、
誇りを持っているのだろう。

どうやら出来たようだ。

午前4時半

僕「次はコレですね」

1kgはあるイノシシの肉を冷蔵庫から取り出した。
そして皮を削ぐという。

僕「皮は燻製にすると固くなり過ぎるので削いでいきます」

彼は決して手際が良いとは言えない手さばきで皮を削いでいく。
このあたりの包丁遣いはプロとは遠そうだ。

Q.苦戦していますね?

僕「そうですね。包丁を研げばいいんですが面倒なので。上手く皮だけ取れなくてもいいんです。このイノシシは脂身が多いので、その部分も適当に削げると思えば儲けもんですよ。ほら、終わった。」

ガタガタである。

僕「あとは液が馴染みやすいようにフォークで穴を開けて、冷ました液で漬けるだけです。」

Q.意外と簡単なんですね。

僕「そう見えますよね。でもこの肉になるまでには色んな行程があります。イノシシを撃つ人がいて、いや罠かもしれない。血を抜いて解体して…簡単なことではありません。」

Q.すみませんでした。

僕「いえ、いいんです。僕も実際に現場を見ていないので偉そうなことは言えません。」

そういって彼は窓の外を見て呟いた。

僕「雨か…この雨が上がって暖かくなったら、アミガサタケが生えそうだな。」

Q.アミガサタケ?

僕「あ、聞こえてましたか。春に生えるキノコです。」

Q.春のキノコ!?美味しいんですか?

僕「さぁどうでしょう。まだ食べたことなくて。実は最近存在を知った食材なんです。ヨーロッパでは高級食材ですが、日本では馴染みがないですね。僕が野食家を目指し始めたのは1年ほど前で、その頃はツクシとかワラビとか、メジャーな物を追いかけてキノコまで目が届きませんでした。」

Q.そうなんですね。ところで、野食家という職業を簡単に説明してもらえませんか?

僕「確かに説明してませんでしたね。野食家というのは人間が太古からやってきた狩猟や採集をシンプルに行う人です。自然の食材を探して調理する。そういう人ですね。」

Q.格好いいですね。

僕「そうですか?Twitterでイノシシや鹿を狩ってる人を検索してみてください。誰よりも命に向き合っています。格好いいとかの表現は僕にはできません。」

Q.検索しておきます。

僕「是非どうぞ。生き物を頂いてるってこと、いつも気付かされてます。」

午前7時半

何やら騒がしくなってきた。
子どもたちが起きたのだろう。

彼は調理器具を洗い、
十分すぎるほど消毒したあと子供と一緒に朝食を摂った。

Q.これから仕事ですか?

僕「そうですね。百貨店で洋菓子を販売してます。生きていくにはライスワークを真面目にやることも大事です。ただ将来は比重を調整して、“野食家と洋菓子店とのパラレルキャリアを築いている”と堂々と言えるようになりたいですね。」

Q.面白い肩書きですね。

僕「そう言ってもらえると嬉しいです。でも、面白い経歴や肩書きなんていまどき世の中に溢れてますよ。そんなことより肩書きに対してどう生きているのか、どう魅せているのか、どう評価されたいのか、そういうことが大切なんです。」

Q.難しそうです。

僕「好きなことなら出来ると思います。僕も一年前に野食家を名乗って、イベントをするまでになりましたからね。」

彼はそう言って家を出て行った。
イノシシを触っていた手で洋菓子を売る。
我々には想像できないものがあった。

午後10時

Q.お仕事お疲れ様です。

僕「今日は疲れました。ホワイトデー後の週末で油断してましたね。」

Q.意外と売れたのですね。ひとつ聞きそびれたことがあります。なぜ“野食家”を目指したのでしょうか?

僕「きっかけはブログのプロフィールにも書いてますが、幼い頃から父と山菜やキノコを採っていたことです。」

Q.山菜狩りといった趣味ではなく、“野食家”を目指すのは何故ですか?

僕「それは家庭環境が大きいですね。父が大分のド田舎の家や土地を継いだのですが、ゆくゆくは僕が継ぐことになっているんです。あんな田舎どうしたらいいんだよ!と思っていたけど、最近は、“あの田舎を活かせないのは自分自身の力量不足”と思い始め、どうしたら良いか考え今の活動があります。」

Q.将来を考えての活動なんですね。

僕「まぁそれだけではないんですが…あなたは最近誰かに“夢”を語りましたか?」

Q.夢ですか。いつ言ったか、すぐには思い浮かびません。

僕「僕くらいの年代になると夢よりビジョンを語り始めますよね。何年までにどうなっているとか、そのために今どうしているとか。僕にとって野食家はそれです。」

Q.ほう。

僕「田舎を活かすために活動を始めてネットワークを築いて交友関係を広げ、尚且つリアルな催しをすることで実際に会う場を作る。その繰り返しによって田舎を負担に思わず楽しく生きる自分像に近づけると思っています。でも夢は違う。夢は、実現不可能なものでもいいんです。将来宇宙に行きたいとかね。」

Q.確かに夢を置いてビジョンを語りがちになりますね。ヤノさんが語った夢はどういうものでしょうか?

僕「僕が最後に夢を語ったのは7年前です。田舎の食材を使った店をやりたいってものですね。大分の田舎では米や畑をやってるので、それを使った店です。当時は以前の夢を諦めて飲食業界を辞め、自分は一度死んだんだって思ってた時期でしたが夢は語れたんですよね。何もなくても夢は語れる、不思議なものですね。その夢が巡り巡って明後日、叶うんですよ。」

Q.春のジビエ・野食料理会ですね。

僕「そうです。店をもった訳ではないけど、田舎の食材を使った会を開くことは出来ました。7年かけてやっとですよ。随分遠回りをしました。飲食を辞めた後に飲食の夢を叶える。面白くないですか?」

Q.それは面白いですね。

僕「実現不可能と思って考えないようにしていましたが、好きなこと突き詰めて活動を始めたら夢に近づいていることに気づいたんです。なので野食家は将来のためでもあり、夢を叶えるためでもあります。」

Q.素敵ですね。

僕「たまたま夢への導線上に活動があったのでラッキーでした。でも、夢って自分の好きなことの先にあるものだから、案外そういうものかもしれませんね。」

Q.好きなことを仕事にすると夢も叶うということですね。

僕「そんな感じです。」

そう言って彼は自転車に飛び乗った。
晴れた日の通勤は自転車を使うという。

僕「満員電車からは季節を感じられませんからね。自然の旬って本当に一瞬なんですよ。」

ライスワークや育児の合間を縫い、少しずつ変わっていく季節を逃さぬようアンテナを張り巡らせる。
ここに、野食家の流儀が見えた。

見習い野食家ヤノケンタ。

彼は明日8時に起きるという。今日はたまたま早かっただけで、いつもはそのくらいに起きるようだ。

我々は眠い目をこすりながら帰路についた。

end

ヤノケンタのTwitter(フォロワー募集)
http://twitter.com/_yanokenta

ヤノケンタのFacebook(友達募集)
https://www.facebook.com/yanokenta38/

ヤノケンタのInstagram(フォロワー募集)
https://www.instagram.com/yanokenta/

ヤノケンタの昔のブログ(口語体が違うので偉そうな感じです)
http://yanokenta32.hatenablog.com/entry/2017/09/14/094135

SNSで繋がっていない方のブログ感想はこちらにお願いします!
ヤノケンタのレターポット

スポンサーリンク