手食のシーフードレストラン『ダンシングクラブ』で飲食の面白さを再確認!

スポンサーリンク


まじで踊ってる!



たっぷりソースで味付けされたシーフードを手づかみで食べる店『ダンシングクラブ』

店員が踊ったりドリンクのサービスタイムにマイクパフォーマンスがあったりと、定期的に行われる催しのライブ感と手掴みの斬新さがあいまって非常に面白いレストランでした。

手で食べる文化というのは世界の三大食作法によると意外にも世界の40%以上を占めるようです。しかしもっと驚いたのは箸で食べる文化が世界シェアの30%もあることでした。まぁ中国が箸を使うから当たり前か。

ダイソンの手洗い場もテンション上がります。物凄い風の噴射力で12秒で乾燥する機械らしいです。この体験も今回の目的のひとつでした。風スゲーっす。


料理はコースを注文しました。
カニがふんだんに入ったコースなので4,500円(税別)+飲み放題1,000円と庶民には割高な印象です。しかし、選べるソースで味わうシーフードは最高に美味でした。パフォーマンスに負けてません。

今回ダンシングクラブを利用して感じたのは、やはり飲食店って動画では伝わりにくいような写真では切り取れないような体験が必要だなってことです。

誰と過ごすかが大事って言うじゃないですか?あれこそ体験重視の考え方ですよね。同じ料理でも過ごし方次第で味の感じ方が変わるのですから、飲食店は見せ方を工夫したら味を何倍にも美味しくできるってことなんです。

。。

こうやって体験を得られる飲食店がもっと増えて欲しいなと思いつつ、いつの間にか年を越していたので新年の挨拶で締めさせて頂きます。

旧年中にブログをご覧頂いた方、誠にありがとうございます。今年初めてご覧いただく方、今ご覧頂いている方、本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

今年もブログ更新するぞー!