これからの贈り物は『レターポット』で決まり!質量ゼロの優しいプレゼント。

キングコング西野さんの新サービス『レターポット』に登録しました。

しかしながら身近にサービス利用者がおらず、文字を買ったのは良いが送りもできないし送られもしなくて悲しんでいる頃、寂しがり屋の僕はTwitterでその思いを吐露しました。

ハッシュタグつけるあたり、めっちゃ狙ってます。

するとキンコン西野さんから光の早さでレターが届きました。さすがエゴサーチの鬼!

Twitterの投稿をご覧いただくと分かるのですが、このツイートだけでは僕のレターポットまで飛べません。なのでわざわざ検索orツイートを遡って送って下さいました。一般人の僕にわざわざ時間をかけるなんて恐れ多いのですが、そこにサービスを作った親の本気度を感じます。

このあと数名からレターを頂き、とってもワクワクしました。何と言ってもサービス利用者の優しさが半端じゃありません。Twitterで助言くださる方もいましたし、僕のツイートを見てレターを送って下さる方もいました。たぶんね、皆WKTKしてるんだと思います。

ほんとに何か分からないけど、とってもワクワクするんですよね。優しさと嬉しさに溢れている最高のサービスだというのが理解できました。

ただ一点だけ気になるのが、文字がお金で買われているという実感が価格に対して低いように思うのです。例えば西野さんが107レターを送って下さいましたが、僕は107文字×5円=535円を受け取ったとは感じませんでした。

換金できない以上、頂いた文字に金銭的価値がないと言えばそれまでですが、レターポットの文字には確かに価値があります。

どういう価値かと言うと“体温のある通貨”というのが言い得ているのでしょう。ただ、イマイチ僕は理解できていません。レターポットというサービスが新しすぎて自分の感性が付いていけてないのが悔しいです。

また、サービスが始まった当初のバブルが価値を下げる一因になっているとも考えられます。とにかく送ってみたいっていう人の挨拶文が多いので、流通させることに重点が置かれ、文字の価値にフォーカス出来ていません。

よって、今現在は文字の価値が(個人の実感として)低いように感じるんです。

今よりもっとサービス利用者が増えて、本物の手紙のような使われ方をしたとき、もっと文字の価値が上がるんじゃないかなーと思います。

だから皆さん登録してみてください!絶対にワクワクしますよ!

。。

僕のレターポットはコチラです。ブログの感想はレターで頂けると幸いです。

ヤノケンタのTwitter(フォロワー募集)
http://twitter.com/_yanokenta

ヤノケンタのFacebook(友達募集)
https://www.facebook.com/yanokenta38/

ヤノケンタのInstagram(フォロワー募集)
https://www.instagram.com/yanokenta/

ヤノケンタの昔のブログ(口語体が違うので偉そうな感じです)
http://yanokenta32.hatenablog.com/entry/2017/09/14/094135

SNSで繋がっていない方のブログ感想はこちらにお願いします!
ヤノケンタのレターポット

スポンサーリンク

雑記

Posted by yanoken32