開店準備が間に合わないからといって早めに来て時間を付けずに働くスタッフがいると、店のクオリティは絶対に下がる。

特定のイベント日以外でも早めに出勤しているスタッフがいました。

僕のスタンスは「規定時間で間に合うスタッフがいる以上、早めに来たからといって無限に時間を付ける訳にはいかない。完璧な準備をしなくて良いから定刻で始めなさい」というものです。

だから勝手に早く来ている分には知ったことではないし、定刻通りに打刻をしているから実態も分からないので放置していました。

ところが年末年始の営業でトンデモナイことが判明したんです…

 

 

やんべー!仕事遅い〜っ!!!

 

 

思ってた以上に早番スタッフが成長してなかったんですよね。『あ、これは毎日早く来てるな』と感じました。

これではいかんと思い、仕事の量が多いと思うのであれば自分のスピードを上げる努力をしましょうという話をしたんです。

開店の準備は限られた時間の中でやるからこそ仕事の段取りを考えるきっかけになり、作業スピードの向上に繋がります。

そしてそこで鍛えられたスタッフが営業の中でチームを引っ張るという仕組みだったのですが…僕の言葉が足りていなかったが為に残念なことになっていました。

自分の時間を犠牲にして余裕を持って仕事に取り組むというのは他者に迷惑を掛けるものではありません。

しかし、日頃から作業スピードを上げる努力をしなければ結果的に困るのは自分自身であり、チーム全体です。

繁忙期の真っ盛りなので後の祭りではありましたが、そんなことを話しました。

。。

今回一番反省すべき点は、僕の店で働くことを選んでくれたスタッフに対して不親切だったことです。

わざわざ数ある仕事の中からウチを選んでくれた人に対して何が出来るのか、考え方や仕事の取り組み方など色々ありますが、アンテナを立てて逐一修正していくことが肝心です。それが出来ていなかった。

とても不親切な対応だったと反省しました。

まだ挽回は出来るので、何とかクオリティを上げていけるよう努力します。

本気の繁忙期は2月以降です。まだ間に合うはず。

ブログの感想はこちらまで→ ヤノケンタのレターポット

スポンサーリンク

仕事

Posted by yanoken32