日本で初めて作られたゼリー梅酒は思わず笑顔になる美味しさだった!

福岡県久留米市の三潴(みずま)という町で、明治8年に創業した池亀酒造へ行ってきました。

目当ては満足度が高いと噂の酒造見学だったのですが、今の時期は仕込み中で見学不可とのことです。
(要予約なので事前にTELしました)

ただ、直売所は開いているため立ち寄って試飲をさせて頂きました。

直売所の店員さんが気さくな方で積極的に試飲を勧めてくれます。
スーパーなどで試食を貰うのが苦手な僕にとっては有り難いことです。

そこで日本酒と一緒に、日本で初めて作られたというゼリー梅酒を購入しました。

500mlで1,500円(税抜)
ちと値が張りますね。

中身は完全に固まったゼリーなので、蓋をしたまま2,3度振って崩したものを注いでいきます。

昔、青リンゴのゼリードリンクがあって、それが大好きだったんですよ。

高速道路の自販機ぐらいにしか置いてなかったので大分に帰省する時の楽しみだったのですが、
今はもう姿を消してしまいました。

ゼリーの梅酒なんて当時好きだった商品のイメージにピッタリです。
購入は即決でした。

ぷるぷるです。
あまり振りすぎないようにしましょう。

懐かしい食感と喉越しで笑みがこぼれます。

ブランデー梅酒を彷彿とさせるような濃厚な風味、
かつアルコール度数が8%であり所謂ストレートで飲むお酒なので、
油断していると酔いが回りそうな感じです。

オンラインショップでも販売しています。
ゼリードリンクが好きな人は是非いかがでしょうか?

振ってぷるぷるゼリー梅酒

ブログの感想はこちらまで→ ヤノケンタのレターポット

スポンサーリンク

Posted by yanoken32