『創作料理』なんてどのツラ下げて言ってんだ?

創作料理なんて言ってる店の創作度合いってどのくらいなんでしょうか?
そう謳う店のほとんどの料理はパクリですよね。

ここ数年食べた中で「これは!」って創作は、
日本再生酒場』のコブクロ刺くらいなものです。

あれはコブクロ(子宮)を湯通しして塩バジルに絡めてました。
ああいうのは創作っぷりが凄いです。

しかしその店は創作料理店ではありません。

そもそも人は創作料理を求めているのか?

本気の創作料理しか置いてません!って店があったら恐くないですか?
100%食べログかぐるなびで検索して確認して入りますよね。

昔は流行ったネーミングかもしれませんが、
もう誰も創作とか求めてないんじゃないかなと思うのです。

僕が作っている料理なんてほぼパクリですよ。

今日作ったのはこんなもの。

ぬるま湯に干しエビを入れて出汁をとり、
酒とイカとベビーコーンを入れて沸騰したら卵を溶き入れて片栗粉でとろみをつけます。

次に蕾菜(つぼみな)に片栗粉を薄く粉付けして揚げて皿に盛り、
上記の干しエビ餡を掛けて完成。みたいなやつです。

蕾菜が熱々なので餡を掛けたらジュワ〜!っと湯気を立てて良い感じ。
子供が食べないようなら紅生姜を刻んで入れようかなと思ってました。

激しく食べてましたが。

美味しい料理はパクる

今回つくったものは先日行った居酒屋の料理をパクリました。
レシピなんて知らないけど、美味しいから家で作ってみよーって感じです。

何が入っているか全て分からなくても見て分かる食材で十分です。
あとはレシピを掛け合わせるだけ。

冬瓜のエビあんかけというレシピを参考にしました。
いつもひとつの料理を作るのにネットに転がってる3〜5のレシピを見ます。

蕾菜は天ぷらだったけど、めんどくさいので片栗粉を付けて揚げました。
紅生姜を使うってアイデアは実際に食べた料理に入っていたからです。

そんな感じで作っています。

料理なんてレシピやアイデアの掛け合わせですからね。
こんなものは創作とは呼びません。

創作なんて極わずかなもの

そういう思考でいくと、
創作料理なんて極わずかであることが分かります。

ほとんどのメニューは創作されていません。

思いついた食材をポーンと入れるだけで創作と呼ぶのは構いませんが、
僕は相手に驚きを与えるものが創作料理じゃないかと思うのです。

世の中の料理はほとんどパクリですよ。
どうせなら『パクリ料理専門店』とかあればいいのに。

あ、インスパイア系があったか。

あれはパクリ専門店ですね。

ブログの感想はこちらまで→ ヤノケンタのレターポット

スポンサーリンク

料理, 食べ物

Posted by yanoken32