読み進めるのが嫌になるブログの特徴!

敬体常体が混在する文章は内容に集中できません。
なので僕はそういう傾向を感じると興味があってもブラウザを閉じます。

なぜ急に結びが変わるんだろうと気になって内容が入らなくなるのです。

基本的なことですが、文章を書く際には敬体の【です・ます】と、
常体の【だ・である】はどちらかに統一しなければなりません。

ただ、抑揚をつけたり共感を得たりするには混在させたほうが良いというのも事実です。

そういった意味のあるMIXなら良いのですが、
極まれに自分で読み返したことあるのかな?って思うくらい
読み手のストレスを無視した残念な文章を見かけます。
僕はそういう文が嫌いです。

一度でもそういう文章を読むと同じ人が書いたブログは積極的に読めなくなります。
もし他にも僕のような方がいるならば勿体ないことです。

MIX文は諸刃の剣なので、記事を書き終えたら何度か読み直す必要がありますね。

ちなみに僕は自分の記事を少なくとも5回は読み返しています。
それでもSNSでコメントやイイネを貰うと記事を再読することが多いです。
気になるところは随時訂正しています。

神経質になりすぎかもしれませんが
ストレスなく読める文章を書くって大切なことだと思っています。

ブログの感想はこちらまで→ ヤノケンタのレターポット

スポンサーリンク

雑記

Posted by yanoken32