【ワードプレス】表示速度・最適化対策で選ぶテーマ『Cocoon』

スポンサーリンク

前回の記事『サイトの表示速度は検索順位に影響アリ。まずは無料の計測サイトで現状把握!』でも伝えたように、モバイルサイトでは2018年の8月から表示速度が検索順位に影響することになりました。

極端に言うと、表示の遅いサイトは検索しても出てこなくなっちゃいます。

ただ僕の場合は食べ物関連の記事に画像を多く使うので、元々から表示速度は気になるところだったんですよね。

なので初めてのテーマはLuxeritas(ルクセリタス)を選びました。

Luxeritas Theme | SEO最適化、レスポンシブ、高カスタマイズ性、とにかく速い、無料の WordPress テーマ
Luxeritas はSEO最適化済み、レスポンシブデザイン、高カスタマイズ性にも関わらず、Webページを高速に表示するための仕組みを満載した、無料の WordPress テーマです。

ルクセリタスはSEO最適化・高速・多機能という謳い文句どおり、初心者でもプラグインなしでサイトを作り込むことができて非常に良かったです。しかし、その多機能さを使いこなせていないところがありました。

どうせ使いこなせないなら、もっとシンプルなテーマを使いたいなという気持ちから、今回Cocoonという無料テーマに乗り換えたんです。

Cocoonとは?

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。

Cocoonは有名な無料テーマSimplicityの後継とだけあって、とにかくシンプルで使いやすいのが特徴です。

主な特徴は7つ。

シンプル
内部SEO施策済み
完全なレスポンシブスタイル
手軽に収益化
ブログの主役はあくまで本文
拡散のための仕掛けが施されている
カスタマイズがしやすい

わいひらさんのCocoonページより引用

このようなテーマになっています。

何がいいかって?ここだ!

とにかく利用マニュアルが丁寧なんです!

これ素人にとっては非常に嬉しいところ。
質問フォーラムもあるので不具合の対処法など過去の質問から検索して対応出来ちゃいます。

ありがたや。

速!!

Cocoonテーマ内の設定だけでも、PageSpeed Insightsで90点以上は取れるようになっていると思います。

わいひらさんが言うように、生のままで速いです。

それだけでなく、どうやったら速くなるかも丁寧にマニュアルに載せてあります。

Cocoonおすすめのサイト高速化設定
Cocoonと相性の良いページの高速化設定方法の紹介です。Cocoonデフォルト機能だけでも十分にPageSpeed Insightsで高得点が狙えます。加えて、ページキャッシュプラグインや、画像最適化プラグインを利用すれば、より良い良いパフォーマンスを目指すことも可能かと思います。

この高速化設定をするだけで画像があっても安心なんですよ。

優しい。

注意点

Cocoonはテスト版です!

つまり不具合や修正点がある状態ということです。そういった状態でも使ってみたいという方は検討しては如何でしょうか?