【百貨店の基礎知識】全額入金を正しく理解しないと損するかもよ?

 

販売員でも仕組みがわからないひとが多い、百貨店の全額入金という支払い方法。

お客様の中にも『全額入金』の意味が分からない方がいるのではないでしょうか?

 

ヤノケン
ヤノケン

正しく理解していないと、
思わぬ事故につながりますよ!

 

二重請求未払い会計のリスクを回避するために、今回はその『全額入金』について説明していきます。

 

全額入金を正しく理解しよう

全額入金は九州ではじまったとされています。

クレジットカードで支払うことに抵抗があった(習慣がなかった)九州のひとへ、どうしたら自社カードを作ってもらえるか考えた末に生みだされたシステムです。

 

全額入金はクレジットカードを普及させるために生まれたんだね!

 

カード決済の機能がありますので、ポイントカードではありません

ここはよくある間違いですね。

 

ヤノケン

『全額入金はクレジットカード払いをしている』
という認識を忘れずに!

 

全額入金とはカード決済後の即時入金のこと

全額入金は一度、カード決済をしています。

それを、引き落とし日ではなく、当日その場で引き落とし金額を先に入金しておくことを『全額入金』と呼ぶのです。

そうすることで、本来はカード払いでしか付与されなかったポイントを、現金と一緒にカードを出すだけでつけてもらえるのですね。

ポイントカードのように使えることで、カード保持者を増やそうとしたのです。

これを理解していない販売員が多い現状があります。

 

全額入金の操作ミスで損する会計パターン

では、客側・店側の視点で損してしまう会計を見ていきましょう。

客側が損するパターン

冒頭のツイートのように、全額入金なのに一回払いで切られると二重請求で客側の損になります。

現金で支払っているのに一回払いで処理され、引き落とし日にも同額請求されるパターンです。

恐ろしいですね。

不慣れな販売員が担当であれば、必ずレシートに『全額入金』と印字(もしくは押印)されているか確認しましょう。

 

店側が損するパターン

お客様より一回払いを依頼されたにも関わらず、全額入金で処理するパターンです。

これは店側にとっては最悪です。

全額入金時にいただく現金を貰わず商品は無料で渡してポイントまで付与してしまいます。

破壊力満点ですよ。

レジマイナスと販売数マイナス(ロス)を一度に生み出します。

大変なことです。

 

全額入金で損しないための対策

客側

レシートを確認!これしかありません。

現金+カード=レシートに『全額入金』

これさえ確認していれば間違いありませんね。

客側が気をつけるなんておかしな話ですよね。でも、人間がやることなのでミスがあるものとして考えた方が良いでしょう。

 

店側

新人には支払い方法を教えた上で、全額入金の意味も教えてあげましょう。

①現金+カード → 全額入金

②カードのみ → 一回払い(or複数回払い)

会計パターンは大きく2つですね。

 

終わりに

全額入金のミスはイベント時にしばしば起きます。

そのような時期は派遣社員が増え、不慣れなスタッフも増えていくためにミスが多くなる傾向にあります。

普段は百貨店に足を伸ばさない方もイベント用の商品を買いに来ますので、せっかくの機会に不快な気持ちにさせないようにしたいです。

きちんと初期教育をして、誰もが損することないようにしていきましょう!

お役立ち仕事
スポンサーリンク
この記事をシェアする
↓ヤノケンタのフォローお願いします↓
ヤノケンタ32杯目