店員にオススメを聞いてはいけない2つの理由。

スポンサーリンク

①オススメ商品とは限らないから

②自分の好みに合うとは限らないから

それ本当にオススメ商品ですか?

まず洋菓子販売店に勤める僕自身についてですが、僕は在庫処理的なオススメを一切しません。

期限が近いものをオススメ商品のように伝えて売ろうとしません。

これ、結構バカにされるんですよね。

なんでオススメ聞かれた時にロスになりそうな物を言わないんだよって。

その意見は分かるんですが、そんな気分が乗らないことはやりたくないんですよ。

全員がそうとは限りませんが、オススメ何?って聞くと、慣れてそうな人ほど在庫調整を気にして伝えてくるので注意が必要です。

だから聞かないほうがベターかも。

結局好みだと思う

オススメ聞いといて買わない人も多いじゃないですか。結局は好みなんですよ。

店員が積極的に答えてるのに適当な返事して違う商品を選ぶ人がいると、何で聞いた?って思います。

会話のキッカケになれば店員側も嬉しいけど、『あぁそれか、あんま興味ないわ』みたいな反応だと絶望しますよね。

例えば恋人に「好きな食べ物ある?」って聞かれて、返事したら「へぇ。」くらいの反応だったら辛くないですか?

まじそれですからツライですから。

なので僕は最近、よく売れるのは○○です!って言うようにしてます。

よく売れるのが美味しい訳ではないけど、人間は他人と同じものを選びたがりますからね。

統計的なデータを提示すると断られた時に傷つかないというメリットもあります。

ま、人に聞かずに好みで選んでくださいという話です。

本当に選びきれなくて困った場合に、もし聞くとしたら、「どれが売れてますか?」が良いのではないでしょうか?

これだと間違いありません。