Kindle×iPhone読み上げ機能で『ながら読書』が革命的!

掃除をしながら音楽を聴くように
読書ができたらいいなぁ。

スマホを片手に電車に乗るのは大変なんだよね。
通勤中の読書をもっと快適にしたい。

それ、iPhoneさえあれば今すぐ解決できます。

 

『ながら読書』簡単4ステップ

手順は以下です。

  1. 設定アプリから【一般】を選択
  2. 【アクセシビリティ】を選択
  3. 【スピーチ】を選択
  4. 【画面の読み上げ】を選択

ステップ1

設定アプリから【一般】を選択

ステップ2

【アクセシビリティ】を選択

ステップ3

【スピーチ】を選択

ステップ4

【画面の読み上げ】を選択

 

早速使ってみよう

iPhoneの画面を二本指で上から下にスワイプします。

 

上から、

下に。

文字のない画面で行うと、このような画面が出ます。

これで設定は確認できました。

あとはKindleアプリを立ち上げて、
二本指でスワイプすると勝手に読み上げてくれますよ!

 

注意点

読み上げ機能は自動でページ送りしてくれますが、

文章中にが入ると止まってしまいます。

図解がない本ならストレスなく読むことが可能です。

止まっても手動でページを送れば読み進めることができますが、ちょっと面倒。

 

最後に

これで『ながら読書』できるようになりました。

 

 

え?

Androidじゃ出来ないの?

 

 

って思う方、いますよね?

実はAndroidでも出来るのですが、読み上げ音声がカクカクしてるんですよ。

個人的な感想ですが、iPhoneの方が聞きとりやすいです。

また、iPhoneでは声を男性や女性に変えたり、読み上げスピードを変えたりできます。

スピーチを選択した画面で変更できますね。

この読み上げ機能、一度は使ってみることをオススメします。

ぜひ、体感してみてください!

お役立ち
スポンサーリンク
この記事をシェアする
↓ヤノケンタのフォローお願いします↓
ヤノケンタ32杯目