沖縄のマニアックおみやげ「自分でつくるコーレーグース」レシピ&感想

コーレーグースってご存知ですか?
沖縄のおみやげ屋さんに必ずおいてますよね!

ちょっとクセが強いけれど、はまる人には欠かせない調味料です。
実はこれ、簡単につくることができるんですよ。

しかも、空港に売っているアイテムだけでつくれちゃいます!

今回は沖縄に5年いた僕が、ちょっと変わったおみやげ「手作りコーレーグース」を紹介します。

コーレーグースとは?

コーレーグースは島とうがらしを泡盛につけた調味料です。

本来唐辛子類全般を意味する沖縄方言だが、今日ではもっぱらキダチトウガラシの一種である「島とうがらし」を泡盛に漬けた調味料を指して用いられる。

wikipediaより引用

ヤノケン

あれ?コーレーグスが正式名称なんですね。
沖縄に住んでいたときはグースと伸ばしているひとが多かったな。

読んで字のごとくシンプルな商品で、簡単につくれます。

レシピというほどではありませんが、つくりかたを説明します!

自家製コーレーグースに必要なもの

自家製コーレーグースをつくるなら、小さな瓶をおすすめします。
たくさんあっても使いきれませんからね(笑)

那覇空港では以下の2つをそろえましょう。

・ミニチュア泡盛セット
・島とうがらし

これだけです!

ちいさいボトルってかわいいですよね。

クセがない泡盛なら「残波(しろ)」
クセがほしいなら「菊の露(ブラウン)」

このあたりを狙っていきましょう。

沖縄のとうがらしは小ぶりなので、ミニチュアボトルにも入ります。

ちょっとキツイときは押し込んじゃってください。

自家製コーレーグースのつくりかた

簡単3ステップです。

STEP.1
島とうがらしを2日、天日干しする
 太陽にあてるだけ
STEP.2
泡盛につめる
とうがらしが破れないように!
STEP.3
2週間ほど放置
冷暗所におきましょう
完成!

ヤノケン

かんたんでしょ!?

自家製コーレーグースの感想

職場のちかくに「わしたショップ」があるので、ソバや豚軟骨、三枚肉をかって自宅で沖縄そばをつくりました。

コーレーグースで味をかえながら、泡盛をグビグビ…

最高!!

シンプルなつくりなので、失敗することはなさそうです。
現地にいるような味わいが再現できました。

ちょっとマニアックなおみやげですが、
ぜひ自家製コーレーグースをつくってみてください!

おいしかったので、パスタやサラダにもかけてます!

自家製コーレーグースの評価
食材のあつめやすさ
(5.0)
つくりやすさ
(5.0)
値段
(3.0)
おいしさ
(4.0)
たべやすさ
(2.0)
総合評価
(4.0)