「いつか会いたいね」という他人まかせな生き方をやめよう。

 

本気で会いたいと思ったら、日にちを提案しましょう。

本気度って、相手に伝わります。

相手の都合を聞いて調整するなんて、

 

遅すぎませんか??

 

それって本気で会いたいと思ってますか?

相手にも都合があるから…

っていうのはやさしさではなくて、余計な気づかいだと思うんですよね。

もちろん、本気で会いたくもないのに「いつか会いたいね」と言う場合は別ですよ。

 

相手への気づかいって、やさしいように見えるけどそうでないことがあります。

 

僕は「いつか会いましょう!」って言われたら、

ヤノケン
ヤノケン

そうだね〜!

 

では会話を終えたくありません。

 

ヤノケン

じゃあ、いつにする?

って聞きたいですね。

僕がそう聞かないひとは、特に会いたいと思わないひとです。

 

具体的な日にちを聞いておけば、お互いに本気ならすぐに会えるんですよ。

社交辞令でいってるひととは会えませんね。

会いたくもないですし。

 

こうやってお互いにスケジュールを確認したら、『いつか』が近づくと思っています。

そうだね〜で終わった場合は忘れちゃいますよね、そんな口約束。

だから本気で会いたいなら日にちを提案していきましょう。

 

会いたいって思われる人間になることも大切ですね!