ヒーローパパの家事育児で大ヒット!映画『インクレディブル・ファミリー』

6月に全米公開された『インクレディブル・ファミリー』の全米オープニング興行収入は1億8200万ドル(約202億円)を超え、アニメ映画史上において最高記録を樹立。これを受け、同じくピクサーの作品となる『ファインディング・ドリー』が保持していた、1億3500万ドル(約150億円)の全米オープニング興行収入記録を打ち破ったことになる。

IGN JAPANより引用

 

大ヒット映画が本日8月1日に公開されました。

 

ヤノケン
ヤノケン

アニメ史上1位!!
しかしなぜこんなにウケてるんだろう?

 

それはこの映画のキャッチフレーズ『家事!育児!世界の危機!』にもあるように、家族の描き方にあるといわれています。

 

この映画の魅力

✅育児あるある

✅父親が家事・育児に悪戦苦闘

✅迫力のアクションシーン

 

 

映画のあらすじ

悪と戦い、人々を守ってきたヒーローたち。だが、その驚異的なパワーに非難の声が高まり、彼らはその活動を禁じられていた——。
 そんなある日、かつてヒーロー界のスターだったボブとその家族のもとに、復活をかけたミッションが舞い込む。だがミッションを任されたのは――なんと妻のヘレンだった!留守を預かることになった伝説の元ヒーロー、ボブは、慣れない家事・育児に悪戦苦闘。しかも、赤ちゃんジャック・ジャックの驚きのスーパーパワーが覚醒し・・・。
 一方、ミッション遂行中のヘレンは“ある事件”と遭遇する。そこには、全世界を恐怖に陥れる陰謀が!ヘレンの身にも危険が迫る!果たして、ボブたちヒーロー家族と世界の運命は!?

DISNEY Movieより引用

 

ヤノケン
ヤノケン

ヒーローの父親が慣れない家事、育児に悪戦苦闘か!これは面白そう!

 

映画の予告

 

 

ヤノケン
ヤノケン

思わずクスッと笑えるところ、慣れない育児にとまどう姿に共感が集まったのでしょうね!

 

鑑賞後の反応

 

 

 

 

スペシャル映像がたのしめる!

映画館やポスターなど『インクレディブル・ファミリー』のロゴを見つけてARカメラをかざすと、オリジナルフォトフレームとスペシャルな映像が楽しめます。どのキャラクターが出るかはお楽しみ♪

DISNEY Movieより引用