ウナギは絶滅するのか?リョコウバトの末路から100年、絶滅危惧種に指定される

「野菜の値段がウナギ上りじゃのぅ」

「じいちゃん、ウナギって何?」

「…」

「昔、ウナギという魚がおってな…」

 

 

ウナギが絶滅した未来を想像できますか?

土用の丑の日になると大量に売られているので数が減っていると実感するのは難しいのではないでしょうか?

しかし、ニホンウナギは2014年から絶滅危惧種の指定を受けるほど減っているんです。
実感した頃には手遅れになっているのでしょうね。

産経ニュースウナギが大不漁の恐れの記事を要約します。

 

平成29年12月10日〜15日の5日間、
シラスウナギは前年同期の漁獲量と比べ、
たったの1%しか水揚げされませんでした。

このシラスウナギは絶滅危惧種ニホンウナギの稚魚で、
ウナギの加工品のほとんどがこの稚魚を養殖したものです。

昭和35年に200t養殖されていたシラスウナギは、
平成25年には5tで過去最低、近年は15tと急速に減っています。

 

200トンが15トン…

とんでもない量が減っています。
これは、あのリョコウバトを彷彿とさせますね。

リョコウバトは50億羽以上いたとされる渡り鳥です。

1800年以降に乱獲され始め、わずか数十年で激減し1914年に絶滅しました。

この鳥は本来、繁殖力が弱く集団で行動することで種を維持してきたのですが、
そのあまりの多さゆえに生態研究がされていませんでした。

そして文明の発達と人間の欲により、
あっという間に地球上から姿を消したのです。

 

おびただしい数の死骸を山積みにして、
その上に人が立っている写真を見たことがありますか?

あのおぞましい光景を思い出すと気持ちが沈みます。

人間の欲は恐ろしいですね。

リョコウバトが絶滅してちょうど100年後にニホンウナギが絶滅危惧種として指定されました。

次の100年で日本人はウナギを残すことが出来るのでしょうか?

「昔、ウナギという魚がおってな…」

という会話にならないことを祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。