ブロッコリー料理はプーリア風のスパゲッティが簡単です!

妻の実家から届いた野菜の中に立派なブロッコリーが入っていました。

減量中は嫌と言うほど食べていたブロッコリーですが、あまり食べ方のバリエーションがないのが悩ましいところです。

茹でた物にマヨネーズだけで美味しいというのも調理法が広がらない要因かと思われます。

そこで今回は、1本まるごと使えるブロッコリーのスパゲッティを作りました。

この料理、これまで2度作っているものの、シンプルが故に非常に塩加減が難しく大失敗した経験があります。

なので気をつけた方が良い調理のポイントをお教えしますね。

ブロッコリーのスパゲッティ、プーリア風

レシピはこちら

塩加減を調整するコツは、パスタを茹でる際の塩を少なめ(水2Lに対して小さじ1以下)にしておくことです。

これが多いと乳化させる際の茹で汁で塩辛くなっちゃいます。

なんと言ってもブロッコリーを茹でるのに塩、アンチョビの塩分、茹で汁の塩分と相当な塩攻撃しますからね。

調理時間≒茹で時間

15分茹でたブロッコリーを崩しながらソースを作っていきます。

家のアンチョビが悪くなっていたのでオイスターソースを使いました。

完成です。

これほんと簡単なんですよ。

子供向けに唐辛子を抜いてカリカリベーコンを乗せています。

こういうシンプルなパスタって絶妙な辛みが美味しさを引き立てるように思うので、唐辛子抜いちゃうとパンチがなくてイマイチですね。

ベーコンのおかげで何とかなったって感じです。

むしろ適当に作った蕾菜とキノコのバター醤油に、干しエビと鰹節を乗っけたパスタのほうが美味しかったです。

結局パスタなんて勢いなんですかね。