無料の牛丼には並ぶくせに、無料のブログをしない理由が分かった。

発想も自信も執念もないからだろ?

牛丼待ってる間って何してますか?
ゲームですか?YouTube見てますか?SNS見てますか?

牛丼待ちに限らず、人が作ったエンタメを享受する時間って結構長いですよね。

 

エンターテインメントとは何か

最近いつバカやりましたか?
僕は先日久しぶりにやりました。
例の太鼓の達人です。

LINEのタイムラインにもブログ投稿を流してるもんですから、職場の同僚に大ウケでした。やりましたね。

ところで、他人がバカやってる所を見ると、『バカだなぁ〜!』って思いますよね?

僕もユーチューバーがふざけたことをやってるのを見て、バカだな〜って思ってました。

でもね、今回撮影して編集して映像化してみて、僕らが普段見にしている“バカやってる”って、エンターテインメントなんだと改めて思い知ったのです。

 

バカをやるのは難しい

皆さんは、バカやってみろ!って言われて何をしますか?
それはどれくらい時間をもらえば出来ますか?

人に見せるためのバカって難しいですよね。

ユーチューバーって、ふざけたことで稼げていいな〜と思う人いると思います。

でもあの一本を撮るのにどれだけ悩んでいるか、時間をかけているかを想像すると『大変な仕事だな』と僕は思うのです。

人に興味を持たれるような映像を作るには、発想と努力と執念が必要ですからね。

 

バカも計算の内

昔から言われているように、バカも計算の内です。
僕らが目にするエンタメは計算されて作られています。

テレビで自然にボケているように見える芸人だって、カメラの位置や見え方を意識されていることでしょう。

ふざけているように見えても計算しています。
本人が計算しなくても映像化されるまでにどうやったらより面白くなるか計算されている訳です。

僕もバカやってるように見えますが、撮影者に図を描いてイメージを共有してもらい準備をしました。

太鼓を叩くときは2カメラ×2回で撮影しています。

 

エンタメには金がいる

エンタメを作るにはお金も必要です。

内容の濃さは置いといて、不特定多数の人に見せるために作られた映像や催しは何かしらのツールや技術によって成り立っています。

YouTubeにアップするなんて無料で出来ますが、スマホやパソコン、ネット環境など現代の生活で必要なコスト上に存在しているだけです。

実際にはお金も技術も思いっきり使用しています。

だったら僕は最大限利用しようと思うけど、あまりYouTubeをアップしてる人はいませんね。

なぜだろう?

同じ条件のブログをやってる人も少ない。

 

なぜ無料のブログをしないのか?

無料の牛丼には並ぶけど、無料のブログやYouTubeをしないという人にはエンタメを与える側になるという発想がありません

赤の他人からであっても無料のものなら貰う。でも赤の他人に無料で与えるという発想はない。

与えられる側であることが当然で、その脳みそがフリーズした状態から抜け出せないのです。

もし仮に与える発想が浮かんだとしても、継続できる自信がないからやらない。
継続する執念がないからやらない。

つまり、
発想も自信も執念もないということです。

また、新しいことをする際に対価を求めることも何も始められない要因だと考えます。

ブログやって何になるの?
何か得られるの?なんてね。

何が得られるかなんて人それぞれですよ。

仲間が欲しい人
趣味を知って欲しい人
仕事に繋げたい人

それぞれに目的があって、ブログの運営があると思っています。

まぁ結局、発想も自信も執念もないという話になるんですけどね。

僕もそうならないように更新を頑張ります。