羽生結弦を見た妻が言う「ナルシストでも文句言えない」に驚いた。

僕は羽生結弦をナルシストだと思ったことがありません。

美しさを競うスポーツをやっていて、競技外でもを求められる選手です。

普段の立ち振る舞いから作り込むのは自然の流れではないでしょうか?

 

だって、競技が終わっても演技しなきゃいけないんでしょ?
美しさを求めるファンのために。

スコア待ちやインタビュー中なんかは演技の一部ってことです。だからそういう場面を見てナルシストだなって思ったことはありませんでした。

 

 

スポンサーリンク

メディアが作るイメージに踊らされているのではないか?

羽生結弦の感謝の表現を見ていると、コアなファン層をよく分かってるなーと思うんです。

プリンス風な振る舞いにファンは湧きますよね。

 

彼をあんな風にしたのはメディアのせいかもしれません。
あれだけ王子とか言われてりゃ意識しちゃいますよ。

メディアによって王子像をより深く刻み込まれたファンは、彼の振る舞いを期待します。

羽生選手はファンに応えるため、また一段と演技を濃くしていくのです。

そういうループがあるのではないでしょうか。

 

ただ、自然に身についた立ち振る舞いという見方を、僕は否定するつもりはありません。

天然のナルシストである可能性は大いにあります。

それはログミーのインタビュー記事からも推測できますね。

 

【全文】羽生結弦「嫌われたくないってすごい思う」 金メダル獲得後の記者会見で漏らした本心

 

自分では全力で感謝や思いを表現しているのに(表現者なんだから大げさになるのは当たり前)、世間では受け入れてくれない人がいる。攻撃的な人がいるという悲しみが伝わります。

 

僕が記事を読んでひとつだけ言いたいのは、彼のナルシスト風な振る舞いが天然の物だとすると、外野がとやかく言う資格はないということです。

人が誰かに感謝する姿を見て、バッシングするような人間にはなりたくないものです。

 

羽生結弦の感謝の表現は大げさなのか?

プロ野球だってプロレスだって、観客に向けて大げさに感謝を表現しているじゃないですか。

応援してくれる方と一体感を出すために何か決まったパフォーマンスをしますよね?

 

フィギュアスケートには一体感を煽るような掛け声はありませんから、代わりに全力でメッセージを送っているのかもしれません。

あれはファンに贈るパフォーマンスとも言えますね。

 

 

もしですよ?

羽生選手がインタビューを受けたとして、

 

最後に…応援してくださる方へメッセージをお願いします。

 

出典:youtube

ほんとに、ここまで来るのにたくさんの方々に支えられながら生きてきました。

スケートだけでなく羽生結弦として、
たくさんの方々に育てていただけたことを感謝します。

ありがとうございました…….

 

 

それではご唱和おねがいします!!!!!

 

 

 

いくぞーー!!!!

 

 

 

いーち!

 

 

にーい!!

 

 

さーん!!!

 

 

 

ダーー!!!!

 

 

 

とか言い出したらウケるじゃないですか。全然フィギュアっぽくないし。

 

画像出典:youtube

 

スポンサーリンク

アンチこそ真のファン

アンチは揚げ足を取るために相当な情報通であることが多いですね。

なんでそんなタイムリーなこと知ってるの?なんでそんな誰も知らないような情報もってるの?なんてことが多いです。

つまりアンチこそ最大のファンであるとも言えます。

 

羽生結弦がキモいなら見なきゃいいのに、画面に張り付いて見てるのを想像すると笑えます。

羽生君、あなたは嫌われてるんじゃなくて大注目されているだけだから気にしなくていいんだよ、と思うのです。

 

熱狂的な方は今後も炎上させたりプーさんを降らせたりして応援していくのでしょう。

一見相反する人々ですが、アンチと熱狂的なファンは同じ方向を向いているのです。不思議ですね。

僕も彼の演技は美しいと思うので応援し続けます!

4アクセル見てみたいなー!