交友関係を広げない安心安全な毎日が自分をゆっくりと殺していく。

ここ一年ほどはブログを本格的に始めたりFacebookの交友関係を広げたり人に会うようにしたりと、それまでの人生で遠ざけてきた“交流”に励んできました。

当然、交流が増えると摩擦が起きます。

摩擦と言っても良いものや悪いもの色々ありますが、悪いことだとどうしてもネガティブになってしまいますね。

でもその経験はチャレンジしたから起こったことです。僕は褒めるべきだと思います。

人と接する機会を閉ざして交友関係を広げない選択をしたら、安心安全な毎日が繰り返されるので気楽です。

ただそれが人生を輝かせるのかというと、僕はこの一年間の経験を通して絶対に違うと言えます。

摩擦って火を起こすじゃないですか。

誰かと接しないと起きないイノベーションって沢山あるんですよ。それは安心安全な毎日からはとてもじゃないけど生まれません。

だから交友関係を広げない人はゆっくりと自分を殺していってます。

SNSの友人はリアルな友人しか繋がりません!とか典型的な例ですね。もうそんな人はmixiだけやってればいいんじゃないですか。

人間関係に疲れたときこそイノベーションが起きるチャンスなんだと思えば、そこそこポジティブになれそうな気がするんです。

まじに嫌いな人なら閉ざしていいと思いますけどね。

摩擦や衝突が起きてもどんどん人間関係を広げていく人がいて、誰とも繋がろうとしない人がいる。

自分はどっちなんだろう。

まだまだ後者寄りなんだろうなと思ってます。

思考
スポンサーリンク
この記事をシェアする
↓ヤノケンタのフォローお願いします↓
ヤノケンタ32杯目