格安航空券のネット予約で最後に手数料を上乗せされるのウザイ。

取扱料金って何?

聞いてないんですけど!!

全てを台無しにする手数料

出発地と目的地と出発日を打って〜

料金と時間を見ながら吟味して〜

あ、往復にしよっかな。ポチポチ

よーし、これでいいかな〜確定!

ん!?料金違うやん!!

くそー!なんやこれ!

取扱料金とは

販売店の手数料ですね。

まぁそれは分かるんですけど、最後の最後に上乗せするのって詐欺っぽくないですか?

むしろ最後に値段が変わることによって他の販売店(もしくは公式)に流れるキッカケにもなってませんかね。

僕は“あれ?料金違う。他のとこでも検索してみるか”って思ったんですよね。

そして実際に航空会社の公式サイトで買ったほうが手数料分だけ安く購入できました。

え?

格安航空券は本当に安いのか?

手数料分だけ安いってことは、チケット代金は同じということです。

格安航空券と銘打ちながら、公式サイトと同じ値段で販売されているんですよ。驚きました。

こういうサイトって、安いチケットはどれなのか比較するだけのサイトなんですかね?

格安航空券です!って言って公式チケットの横流しして手数料もらうとか…

なんかアレですよね。

思考
スポンサーリンク
この記事をシェアする
↓ヤノケンタのフォローお願いします↓
ヤノケンタ32杯目