親の希望で進路を決めたバカ娘、ついに誤りに気づく。

“親の言うことは絶対”という人生の王様ゲームでは、たとえ自分が王様を引き当てたとしても決められたレールを沿った希望しか持てないのではないでしょうか。

子供が何かしらの違和感を持っていたとしても自分自身ではどうすることも出来ず、深く考える機会さえもてないというのは非常に悲しいことです。

そういう場合、第三者が王様を引き当ててるしかありませんが、第三者の意見を素直に聞ける心の許容範囲がなければなりません。そこさえコントロールされているとしたら、ある意味では幸せな人生になるのかもしれませんね。

僕からしたら不幸ですが。

知り合いに看護師を目指して(相当優秀な大学の)看護科に通う子がいます。

今春までに厳しい研修を終え、一年後には看護師として職に就く予定でした。

しかし今は就職活動を始めたと言うのです。

話を聞くと、OG訪問をして心境が変わったと。

彼女は“他にやりたいことがあったけど親の希望で今の道に進んでいる”ことをOGへ相談し、それでは精神がもたなくなると言われたらしいんです。そして今の学びや経験を活かせる進路の提案もしてくれたということでした。

非常に的確なアドバイスだと思います。そして一番良かったのは彼女が自分のやりたいことに向けて一歩前進できる力を持っていたということですね。

どう転ぶかは分かりませんが、自分で悩んで苦しんで、納得できる未来を築けるように頑張ってほしいなと思います。

。。

それにしても親の希望を叶えるために行った大学がココ!?って感じの相当優秀な大学なので余計に驚きました。

むしろそのためだけに無心で勉強できるというのが強みになったのかもしれません。素直で純粋な子なんでしょう。

検討を祈ります。

仕事
スポンサーリンク
この記事をシェアする
↓ヤノケンタのフォローお願いします↓
ヤノケンタ32杯目