もっと太れば?と言われる人が太る方法。

スポンサーリンク

やっぱりね、食べるしかないんですよ。

でも一食分だけを思い立って急に増やすとかじゃなくて、とにかく目の前にあるものを食べます。

お菓子でも何でもいい。

とにかく食べる。

要は継続ですね、僕は7ヶ月で8キロ増やせました。

良い肉を増やせた訳ではありませんが、太れたというのは今後のひとつの指標になりました。

なぜ太りたいのか?

とりあえずデカくなれば筋肉がもっと付くんじゃね?ということで始めました。

最初はね、朝は白米1合に生卵3個を毎日毎日繰り返してたんですよ。

昼と夜も毎日カロリー計算をして、太る量を摂っていました。

そしたらね、変化が起きたんです。

『もう食いたくねぇ…』っていう気持ちの変化ですね。

3週間くらいで飯を食うのが苦痛になりました。

普段あまり食べない人にとって、良質な筋肉を育てるための過食は食事制限するよりもツライということが分かりました。

本気でつらくて、胸肉とブロッコリーばかり食ってた毎日の方がマシだと思いましたね。

それからヤル気がなくなって筋トレもやめてしばらく過ごしていたんですが(おい)、食べる意識だけは持っていて、『いつもより少し多く食べよう』としてたら太ってました。

ちなみに最初の3週間は相当食ってたけど全然体重が変わらなくて壊れたかと思いましたね。

食事制限と太るのはどちらがツライか?

確実に食事制限の方がツライです。

というのも、単純に何でも食べていい太り方は美味しく食べられるからです。

これが前述したような食事メニューだと、食べるほうがツライかと思われます。

朝、白米1合と生卵3個

昼、白米と鶏肉と野菜

夜、白米と牛肉とブロッコリーとか野菜

こんなん毎日沢山食えと言われてもツライだけです。

良質な筋肉を育てるというのは大変だなと思います。世の中のマッチョは本当にスゴイです。

今後の目標

5月末までに62キロを目指します。

そして6月から食事制限をしていきます。昨年8月に食事制限をした最後の体重が51キロ強だったので、7月末にはそのくらいになりたいところです。

(もう遅いかもしれません)

体重にフォーカスしていますが、体重も体脂肪も只の数字であって、肝心なのは体型なんですよね。

10gの鉄と10gの綿(ワタ)は重さは同じだけど、見た目の大きさは全く違います。

プールに行って、「お、ちったぁ昨年より鍛えたね!」と言われるくらいは頑張りたいところです。