理解してるか不安になるほど返事が下手な人の3つの特徴!

スポンサーリンク

本人は一生懸命聞いているようでも話し手からすると理解してるか不安になることがありますよね。

そんな人の特徴を3つ挙げます。

①「はい!」しか言わない人。

まずは返事のバリエーションがほとんどない人です。会話は相手の話を反芻してキャッチボールしていくものですが、「はい!」しか言わない人は理解しているのか全く分かりません。

せめて「そうなんですね〜」とか「なるほど〜」とか、何種類かを使い分けてほしいものです。

②「はい!」を話し途中で被せる人。

話の途中で勢い良く返事を被せてくるパターンです。

これは内容を伝えきる前に返事をされるので頭が悪いとしか言いようがありません。絶対理解する前に返事してますよね。

しかも話し手側の調子が狂うので余計にイライラしてきます。

③会話の終わりに「はい!」と言って時が止まる人。

話をして何かしら行動してほしい場合に時が止まってる人がいます。

そういう空返事はやめてもらいたいんですよね。分かってないのに返事が良い人って一番恐いんです。

以上ですが、恐ろしいことに3パターン全てを網羅する人がいます。

イエスマンをどこまで拗らせたらこうなるのか皆目検討がつきませんが、僕は部下には容赦なく分かってから返事しろ返事のタイミングを考えろと指摘します。

まだまだ人と人が直で触れ合う仕事が多いので、返事力って凄く大切なんですよね。

損する返事をしないように気をつけたいです。