もつ鍋レシピはこれ一択!ただし選ぶホルモンに要注意!

スポンサーリンク
モツ鍋は飲食店で食べる方が良いです。
無理に自宅でつくる必要はありません。

 

そうはいっても
近所にモツ鍋屋がないんだよな…

 

 

しかし中にはこういった方もいるでしょう。

 

よってこの記事では、自宅でモツ鍋をする機会が多い福岡人の僕が、厳選レシピとホルモン選びのコツをご紹介します。

 

 

この記事の内容
✅福岡人おすすめのモツ鍋レシピ
✅おいしい牛ホルモンの選び方

 

スポンサーリンク

 

おすすめモツ鍋レシピ

ずばり!こちらです。
じろじろさんのレシピ美味しいもつ鍋☆博多の名物

ゴボウが最高に美味しいんです。

ゴボウは一本以上あってもよいです!
たっぷり入れましょう!

僕は醤油ベースが好みですね。

市販のスープを買うより断然こっちが美味しいですよ。

個人的にはトマト!をいれるのがオススメ。

 

しかしどれだけ美味しいスープをつくったとしても、ホルモン選びに失敗すると残念なことになります。

 

なぜ牛ホルモン選びが大事なのか?

これには2つの理由があります。

理由
✅スーパーの肉とは味が全然違う
✅上質な脂だとシンクの片付けが楽

高いホルモンはやはり美味しいです。ここはわかりますね。

そして、上質なホルモンは脂のニオイが少ないため、湯通しする時間が短くて済みます。

(僕はどんなに美味しいホルモンでも、沸騰したお湯に浸けて臭みをとります。その際に脂がお湯に流れ出ていきます。)

つまり、シンクに流したときに脂汚れが少ないんです。

これ重要!

安物だと掃除が大変になりますし、何より部屋が臭い。

気をつけたいところですね。

 

美味しいホルモンの選び方

美味しいホルモンを選ぶコツは、美味しい肉屋を見つけることです。

 

そんなの
当たり前でしょ!

という声が聞こえてきそうですが、これが結構むずかしい。

そういう場合は百貨店でも良いですね。

肉屋の店主いわく、『A4ランク以上の牛ホルモン』を選べということでした。

難易度高い!

参考までに今回僕が購入した牛ホルモンは…

100g 862円!!

スーパーなら400g買える値段です。なかなか。

 


自宅の一食としては財布に厳しいですが、外食するより安上がりですよ。

僕はもつ鍋を食べるなら外食するより断然ウチ派です。

自宅でもつ鍋、是非いかがでしょうか?