人気もつ鍋レシピ感想!どんなホルモンがいいの?なぜキャベツなの?シメは何?疑問を解決!

モツ鍋は飲食店で食べる方が良いです。
無理に自宅でつくる必要はありません。

・ホルモンを下処理したあとの異臭
・シンクの片付け
・鍋についた脂

自宅でするなら覚悟が必要です。

それでもつくってみたい!自家製でこだわりたい!という方に、福岡人の僕が厳選レシピとホルモン選びのコツをご紹介します。

人気モツ鍋レシピ感想

じろじろさんのレシピ『美味しいもつ鍋☆博多の名物』は、もうなんどもリピートしています。

材料がシンプルで作りやすく、2種類のスープを掲載しているので1回で2度おいしいのです。特にゴボウがいいですね。

ホルモンの匂いが苦手だった妻も「初めてホルモンをおいしいと思った!」というほど最高のレシピなんですよ。

実際につくってみた様子を紹介します。

STEP.1
ゴボウは1本つかいきろう!
味の決め手といってもよいです。ゴボウは遠慮せずたっぷりと!

[もつ鍋のゴボウ/tl]
STEP.2
トマトをいれてみる
個人的に好きなので
もつ鍋にトマト

STEP.3
スープは多めに!
2種類のスープを楽しみたい方はスープを多めにつくりましょう

もつ鍋 

完成!

さて、もつ鍋にはレシピ以外にも重要なポイントがあります。
それはホルモンの選び方ですね。

なぜ大事なのか?
これには2つの理由があります。

POINT・味が全然違う
・上等なホルモンはシンクの片付けが楽

高いホルモンはやはり美味しいです。そして、上質なホルモンは脂のニオイが少ないため、湯通しする時間が短くて済みます。

つまり、シンクに流したときの脂汚れが少ないんですよね。

これ重要!

安物だと掃除が大変になりますし、何より部屋が臭い。
気をつけたいところですね。

おいしいホルモンの選び方

おいしいホルモンを選ぶコツは、イケてる肉屋を見つけることです。当たり前なんですが、これが結構むずかしい。

近所にない場合、百貨店だといい肉が手に入ります。

肉屋の店主いわく、A4ランク以上の牛ホルモンを選べということでした。
難易度高いですね〜(笑)

参考までに今回僕が購入したホルモンは…

100g 862円!!

スーパーなら400g買えるほどの値段です。高すぎやろ…

自宅の一食としては財布に厳しいですが、外食するより安上がりと思えば我慢できるかも?僕はもつ鍋を食べるなら外食するより断然ウチ派です。

自宅でもつ鍋、いかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。