鍋に合うネギの切り方!4つのパターンで脱マンネリ化!

寒い季節になると自宅で鍋をする機会が増えますよね。

手軽で片付けが楽なので、ついつい頼ってしまいがち。

しかし問題なのはマンネリ化です。

ご家庭ではスープや具材を変えて、飽きないように工夫されていることでしょう。

 

そうはいっても
だいたい同じ野菜を入れちゃうのよね

 

今回はそんな悩みを解決するために、鍋の美味しさを広げる長ネギの切り方を紹介します。

少しの工夫で満足度が上がるのでオススメですよ!

 

・中身がでない『ななめ切り』のやり方
・シャキシャキ食感を楽しむ切り方
・しゃぶしゃぶ温野菜で大人気のメニュー『洒落ねぎ』の切り方
・長ネギのヌメリは一体なに?

 

 

スポンサーリンク

長ネギの切り方を工夫しよう

「いつも芯が出てしまう」

「ヌメッとした食感が苦手」など、

改善できたら嬉しい部分にも焦点を当てました。

長ネギをメインにする食べ方もあるので注目です!

 

ななめ切り

鍋のド定番ですね!

斜めにカットすることでスープにふれる面積を広げ、しみこみやすくします。

シャキシャキ食感とジューシーな味わいを一度に楽しめるのが魅力。

しかし欠点もあります。

鍋の中でバラバラになる場合があるんですよね。

 

解決方法はとても簡単です。

切る向きを変えましょう。

斜めに切ったら、次は手前にコロッと転がします。

90度回転させてカットすると、芯の飛び出しをふせげますよ。

ひと手間くわえるだけで出来るので、ぜひお試しください。

 

 

輪切り

続いては輪切りにする方法です。

ネギをメイン食材として扱います。

たっぷり使用しています!

 

スタンディングネギ鍋の作り方

①鍋の底に牛脂をぬって、ネギを立てていきます。

②お好みで牛肉をいれます

➂割り下をいれて煮込みます

以上です。

牛脂をつかうことで、コクが増しておいしくなるんです。

テーブルマーク(株)さんのレシピを参考にしました)

 

白菜をいれたり大根をはさんだりと、いろいろ楽しめます。

すき焼き風だけでなく、鶏ガラスープにも合いますよ〜

その際は豚バラを使うと良いですね!

 

ネギの青い部分は根元に汚れや土がついています。よく洗って使用してくださいね!

 

シャキシャキ切り

野菜をしばらく煮込むとクタッとしますよね。

長ネギも例外ではありません。

しかしシャキシャキ食感だけを楽しみたい僕はヌメリが苦手でした。

そこで、定番とは違った切り方をしています。

 

 

短冊切りのような長ネギがわかりますか?

作り方を説明します。

 

煮込んでもシャキシャキ食感が楽しめる切り方

①縦に切り込みをいれて芯を取りのぞきます

 

②薄皮をはぎます

 

➂食べやすい大きさに切りましょう

 

やわらかくなる芯の部分は使いません。

必ず薄い皮を取りのぞいてくださいね。舌触りが悪くなります。

 

これで火が通ってもシャキッとした食感が楽しめる長ネギができました。

切り方を変えるだけで全く違う食材になりますよ!

 

ネギ芯の活用方法

あまった芯は小口切りにして雑炊につかいましょう。

辛みが少ないので、そのまま使って良いです。

パラパラと散らせば完成。

アクセントになってGOOD!

 

 

白髪ねぎ(洒落ねぎ)

しゃぶしゃぶ温野菜では『洒落(しゃら)ねぎ』という名前でメニューにのっています。

 

もともとは白髪のように細いという意味ですが、温野菜では「しゃらしゃら」と音がするほど細かいから洒落ねぎと呼ぶそうです。注文しやすいネーミングにしたのでしょうね。

肉で巻いてもよし、そのままスープに泳がせて食べるもよし。

とても使い勝手のよい切り方なので、大いに活躍してくれます。

ご自宅で準備するなら、1本あれば足りますね。

 

白髪ねぎの切り方

①縦に切り込みをいれて芯を取りのぞきます

 

②薄皮をはぎ取ります

 

➂包丁の長さの3分の1ほどに切りそろえます

 

④4枚ずつ重ねて繊維にそって切っていきましょう

 

切っていきます

 

⑤辛みをぬくために水にいれておきます(30分以上)

 

コツは包丁で切る際に少しずつ左指を動かすことです。

『白髪ねぎ』なので、髪の毛のように細くしましょう!

(参考画像は太いです)

 

 

長ネギのヌメリは一体なに?

ところで長ネギのヌメリって気になりませんか?

あの粘液は、『ヌル』と呼ぶそうです。

 

ヤノケン
ヤノケン

そのままやん!

 

好みの分かれる舌触りなので、青い部分はアク抜きに使う方が多いでしょう。

捨ててしまうこともありますよね。

 

しかし、近年の研究によって免疫力を高める物質があると分かりました。

見逃せない効果はNHK番組『ためしてガッテン』でも紹介されています。

体の「免疫力」を直接上げてくれるかもしれない新たな健康物質が見つかりました。その正体はネギの青い部分に含まれる粘液、通称・ヌルです。このヌルを摂取すると、免疫系が活性化し、がん予防まで期待できる可能性があると言います。ヌルは青ネギはもちろんのこと、一見入っていないようにみえる白ネギの青い部分にも含まれています。実は乾燥しているだけだったんです。つまり、青い部分を丸ごと食べれば免疫力アップ!その効果は、加熱しても冷凍しても失われませんので、様々な調理法で楽しんで下さい!

ためしてガッテン公式サイトより引用

 

加熱・冷凍しても失われないというのは嬉しいところ。

調理しても効果がなくならないので、「ヌル」を残さず摂取できるよう青い部分も使っていきましょう!

 

ちなみに、芯のヌメリは『ヌル』とは関係ないみたいです。

単純にスープを吸って熱々フニャフニャになっただけですね!

 

寒くなったら鍋をしよう

長ネギの切り方を紹介しました。

4つのパターンを覚えておくと鍋のバリエーションが広がります。

ななめ切りとシャキシャキを半分でも良いですし、薬味として白髪ねぎを使うのもアリです。

スタンディングネギ鍋に合鴨を合わせても…

たまりませんね。

次回のお鍋は是非、いつもと違う切り方で長ネギを楽しんでください!