【新玉ねぎ】栄養を逃さない・辛くない・居酒屋おつまみレシピ

新玉ねぎをサラダに使いたいけど
そのまま食べると辛いのよね。

水にさらすと栄養素が抜けちゃうし…
どうしたら良いんだろう?

今回は新玉ねぎの栄養を逃さず食べる方法をお伝えします。

 

新玉ねぎの栄養を逃さない辛くない食べ方
✅繊維を断つように切る
✅空気にふれさせる
✅上記をしなくて大丈夫!卵・鰹節・醤油であえよう!

 

新玉ねぎの美味しい食べ方

新玉ねぎは辛くないと言いますが、僕はそう思いません。

やはり生のままだと多少辛さを感じるんですよね。

しかし水にさらして辛みを抜くと、同時にビタミンB群やカリウムといった栄養素も溶け出てしまいます。

せっかく生で食べるなら栄養素も逃したくないので調べました。

 

栄養を逃さず辛みを抜く方法

切った玉ねぎを、まな板に広げて15分ほど放置します。

 

サラダに使用する場合は繊維に対して垂直に切りましょう。

繊維を断ち切ることで柔らかく仕上がります。

 

そして空気に触れやすいようにまな板に広げ15分以上放置!

…と説明しているサイトが多いです。

 

でもこれ、

部屋がメッチャ臭くなります!!

 

玉ねぎの辛味成分は揮発性が高いので部屋中がタマネギエアーになります。

相当なニオイです。

こんなに充満したタマネギ臭の中では美味しく食事ができません。

だから僕はコレをやるくらいなら水にさらします。

 

新玉ねぎを生で食べる方法

ということで、新玉ねぎを生で食べるために僕が実施したのはコチラです。

新玉ねぎスライスに鰹節、卵黄、醤油。これでよし!

卵黄を絡めて食べると辛さが和らぎますので、切ってすぐでも食べることができました。

 

スポンサーリンク

まとめ

新玉ねぎであれば生のままサラダにできますが、普通の玉ねぎは栄養を逃さず摂取するのは難しいですね。

普段は栄養なんて気にせず水にさらしてしまって、新玉ねぎのシーズンだけ生でサラダにしてみましょう。