【ウォーターサーバー比較】シャインウォーターは子供がいる家庭におすすめ!解約金や口コミを調査!

あー…お茶なくなる…
あんまりガブガブ飲まないで…

いいぞ!もっと飲め!

 

シャインウォーターを導入して一番よかったのは、お茶をつくる手間がなくなったことです。子供に「ガンガン飲めー!」と言えるようになりました。

妻は毎日2回沸かしていたので、たくさん飲んでいる僕や子供たちを見て『もう!飲みすぎ!』と思っていたことでしょう。

 

ヤノケン
ヤノケン

(たまに言われてたけど…)

 

それがなくなったため、以前より楽になったようでした。

ガス代が浮いたのも大きな利点ですね。

 

実はシャインウォーターの快適さは他にもあります。

今回は4つのおすすめポイントを紹介しながら、他社サーバーとの比較を交え、皆さまに合う商品が見つかる手助けをしていきますね!

 

・お茶を沸かさなくなった(1日2回沸かしていた)
・子供が自分で水分補給できるようになった
・こぼしてもニオイが気にならないので拭き取るだけでよい
・温水をつかって時短調理

 

 

スポンサーリンク

シャインウォーターとは?容量や電気代は?解約金はかかる?

出典:シャインウォーター公式サイト

シャインウォーターは水道水を注ぐだけで浄水を楽しめる商品です。

画像のように、上からジャーっと流し入れます。

水道直結型と違って工事は必要ありませんし、設置場所を楽に変えられるのが良いですね。

料金は月々3,000円です。他に費用は発生しません。

 

シャインウォーター容量

出典:シャインウォーター公式サイト

・一番上の浄水タンク→5.2リットル
・真ん中の冷水タンク→2.0リットル
・一番下の温水タンク→1.9リットル

4人家族(4歳と2歳の子供)の我が家で、
平日は1日2回、保育園が休みの日は3回補充しています。

※基本的に水以外は飲みません

 

シャインウォーターの電気代

目安としては、約800円/月(通常使用)、約500円(ECOモード使用)です。 ※お客さまの使用頻度によって異なる場合があります。

公式サイトより引用

我が家は常にECOモードで使用しています。

冷水は12℃、温水は75℃です。

カップラーメンは作れませんが、白湯にはちょっと熱いくらいですね。

 

ECOモードだと電気ケトルや電気ポットを使用するより節約できますよ

 

シャインウォーターの解約金は?

シャインウォーターには契約期間はありません。

よって解約金も発生しないのが嬉しいところです。

実演スタッフの方には1ヶ月でやめても良いと言われたので、お試し気分でレンタルできます!

 

シャインウォーターにキャンペーンはあるの?

残念ながらキャンペーン価格はないようです。

しかし逆に考えると、どの時期にレンタルを開始しても損得はありません。

すべての方に平等なのは優しさでもありますね。

 

シャインウォーターは小さい子供がいる家庭にオススメ

それでは1ヶ月使用した僕が、シャインウォーターのメリットについて挙げていきます!

総合評価は『他人にオススメできるレベル』です。

特に小さいお子様がいる家庭に勧めたいと思っています。

 

お茶を沸かさなくなった(ガス代の節約)

以前は1日2回お茶を沸かしており、1回で強火9分といったところでした。

サーバーを導入することで、手間だけでなくガス代の節約にも貢献しています。

我が家はプロパンガスを利用していますので、ガスはかなり高いです。

 

タイナビSwitchさんのサイトを参考に節約金額を計算すると…

4.207(kW)×3.6(MJ/h)×0.15(h)÷99(MJ/㎥)×556.85(円/㎥)=12.78円

お茶を沸かすのに1回約13円のガス代がかかっていたことになります。

 

ヤノケン
ヤノケン

え!?つまり1ヶ月だと…
766円!!

 

微妙なところですが、実際はこのサイトよりも単価が高い地域に住んでいるので、もっと節約になっていると思われます。

 

子供が自分で水分補給できるようになった

子供がいる家庭にとって、これは画期的ではないでしょうか!?

親が冷蔵庫からお茶ポットを取り出し、注いであげなくてもよいのです!

子供たちは食事中、楽しそうにサーバーへ向かっていきます。

 

他社製品に比べてチャイルドロックが簡易的だという指摘がありますが、4歳の子供は(解除方法を教えていないので)今のところ温水を出せていません。

 

 

こぼしてもニオイが気にならないので拭き取るだけでよい

子供ってすぐに飲み物をこぼしますよね?

ジュースやお茶だとニオイや色が気になります。

 

ああ…
また洗濯しなきゃ

何度も洗濯するのは疲れてしまいます。

ウォーターサーバーは水なので、こぼしても拭くだけでいいか〜と思えますよ。

 

いや、それでもジャーっとやらかすと「おいー!!」ってなりますけどね。

 

たくさん飲んでも気にならない

宅配型の場合、飲料水を購入しているのでガブガブ飲むのは勿体なく感じませんか?

追加で注文するのが面倒だと感じる方も多いでしょう。

 

シャインウォーターは水道水を浄水して飲むタイプですから、気兼ねなく利用できます。お米を洗ったり、料理につかったり出来るのです。

減った分だけ補充したら良いですからね。

子供が面白がってたくさん注いでも気になりませんよ。

 

温水をつかって時短調理

ECOモードは75℃なので、カップ麺をすぐに作ることはできません。

しかし、温水をつかって鍋で湯を沸かすと、時短になりガス代の節約にもなります。

 

温度設定は3段階に切り替え可能です
・冷水→5℃、8℃、10℃
・温水→80℃、85℃、90℃
・ECOモード→冷水12℃、温水75℃

 

インスタント味噌汁ならECOでも良さそうですね。

時間がない朝は白湯を一杯のむだけでも体をリフレッシュできるのでオススメです!

 

シャインウォーターのデメリット

メリットだけでなく、ここが改善されたら…
というところも挙げておきますね!

 

オシャレではない

最近ではグッドデザイン賞を受賞しているサーバーがある中、シャインウォーターはカッコいいとは言えない製品です。

他社と比べると一目瞭然なので、あまり比較しないほうがよいかもしれません。

個人的には2日ほどで何とも思わなくなりましたが、気になる方は多いようですね。

 

水が出る量が少ない

調理につかう際、チョロチョロと出るので少ないなと感じました。

ペットボトルにいれるときも「早く〜」と思っていますね。

子供がいれることを考えれば、このくらいの水量が良いのかも?

 

水を補充するのが手間

人は次々に手軽さを求めるので、今度は水道水の補充さえ手間に感じるようになってきました。

水道直結型であれば解決するところですが、僕にはそれを選ばない理由があります。

次の『他社との比較』でお話ししますね!

 

ウォーターサーバー比較

水道水を使用する3つのウォーターサーバーを比較しました。

その中でシャインウォーターの人気はあまり高くないのですが…

おそらくアフィリエイトの案件がないからだと推測します(笑)

 

個人的にはメリットを感じている部分が多いため満足していますよ!

ではそれぞれ見ていきましょう。

 

ダイオーズ『Purest(ピュレスト)』


月額費用:2,980円〜
初期費用:10,000円
解約金:2年未満5,960円、1年未満2,980円
対応エリア:全国
キャンペーン:有り

ダイオーズの『ピュレスト』は、水道直結型の中でも月々の料金が安く注目を集めています。(業界最安値!?)

工事費10,000円の初期費用はありますが、長期的な目で見ると安価に利用できるため魅力的です。

スタイリッシュな見た目で対応エリアが全国ということもあり、レンタル世帯が増えている商品ですね。

 

ウォータースタンド『ナノラピア ネオ』


月額費用:3,980円(長得登録料10,000円を支払えば月3,500円)
初期費用:0円
解約金:1年未満10,000円
対応エリア:関東、姫路、福岡
キャンペーン:有り

対応エリアが限られているものの、初期費用が必要ないため非常に人気のサーバーです。

やはり水道直結型で工事費がかからないのは得ですよね。

長期で使用するなら長得登録しましょう!月額3,500円で利用できます。

 

楽水ウォーターサーバー

月額費用:3,500円
初期費用:18,000円
解約金:3年未満 残月数×1,400円
対応エリア:全国
キャンペーン:有り

楽水(らくみず)は、工事費が割高になりますが、長期継続割引があるので長く使う予定の方にオススメです。

4年目からは月額費用が3,000円になります。

長い目で見ると大きな節約になることでしょう。

レンタル契約の場合、3年間のご契約をお願いしております。3年未満でのご解約場合は、残り契約月数×レンタル料の40%の解約金が発生いたします。また、サーバーの撤去にかかる費用、サーバの返却にかかる送料はお客様ご負担とさせて頂いております。詳しくはレンタル料金ページをご確認ください。
楽水公式サイトより引用

 

シャインウォーター

月額費用:3,000円
初期費用:0円
解約金:0円、2回目以降5,000円
対応エリア:全国
キャンペーン:なし

最後にシャインウォーターをおさらいします。

水道直結型をご覧いただいて分かるように、初期費用がゼロなので導入しやすいですね。

 

我が家がシャインウォーターを選んだのは、安い・工事なし・初期費用ゼロだからです。

確かに水道直結型のほうが補充の手間は省けますが、工事をした後であまり使わなかった…となるのは嫌だったので、解約料金が発生しないサーバーを選びました。

 

ヤノケン
ヤノケン

ウォーターサーバーの導入は初めてだったので、絶対に使い続けるという自信がありませんでした

実際に使ってみると思った以上に便利だったので気に入っています。

 

しかしよく調べてみると、ダイオーズの『Purest(ピュレスト)』はとっても魅力的ですね!

水の補充が面倒に思うなら、かなりオススメの商品です。

初期費用10,000円で月額2,980円というのは業界最安値だと思われます。

もしかすると、いつか乗り換えするかもしれませんねぇ。



シャインウォーターの口コミ

口コミを調べてみると、僕が1ヶ月で感じたことと同じような感想が多かったです。

【良い口コミ】
・水を注ぐだけで利用できるから楽
・水の味は気にならない
・操作がわかりやすい
【悪い口コミ】
・ダサい
・宅配ボトルよりマシだが容量が少ないので何度も補充が必要

 

買う前に気付きそうなところですけどね…

しかし購入後に飲み物を摂取する量が明らかに増えたので、「予想していたより水を飲んでる!補充が大変!」という家庭は多いでしょう。

 

シャインウォーターのCM

実はシャインウォーターは福岡を中心にCMを流しています。

博多弁バリバリで、福岡の方にとって馴染みやすい内容になっていますよ。

ウチムラ シャインウォーター「飲みんしゃいん」篇(30秒)

博多弁の「飲みんしゃい」は、「飲んでみなさい」という意味です。

なかなか地方色が強いですね!

 

シャインウォーターまとめ

ウォーターサーバーの『シャインウォーター』を使い始めて最初に感じたのは、ナゼもっと早く導入しなかったんだ?というものでした。

目先のコストが気になって、なかなか決断できなかったんですよね。

しかし使ってみると予想以上の快適さで、他のサーバーに比べても割安であり、お子様がいる家庭には特にオススメしたいと感じました。

 

お手軽さを実感したポイントは4つです。

 

・お茶を沸かさなくなった(1日2回沸かしていた)
・子供が自分で水分補給できるようになった
・こぼしてもニオイが気にならないので拭き取るだけでよい
・温水をつかって時短調理

 

子供が火傷するのでは?という心配の声もありますが、4歳だと(チャイルドロックの解除方法を教えなければ)温水を出せないようです。

また、毎月3,000円のレンタル料金は、ガスや電気代を節約した分で負担を軽くできると学びました。

 

なにより子供が自分で注いで飲んでくれる環境って、親からするとメッチャ楽なんですよね。

2歳の子も自分でガブガブ飲めていますし、子供がいる家庭には本当にオススメです!

 

福岡ではイオンモールなどで実演販売していますので、機会があれば覗いてみてくださいね!

 

・シャインウォーター公式サイトはこちら

シャインウォーター | 水道水を注ぐだけの浄水器一体型ウォーターサーバー | レンタル料月々3,000円で安心の使い放題
浄水器一体型ウォーターサーバーのシャインウォーターは、水道水を注ぐだけの浄水タイプ。レンタル料月々3,000円で安心の使い放題。水は買う時代から作る時代へ。

 

・今回調べて魅力的だったダイオーズの『Purest(ピュレスト)』はこちら