塩マグロの作り方!アレンジなしでも美味しい“パル流”が最高!

新鮮な魚を購入する機会が少ない人にとって、自宅でウマイ刺身を実現するのは難しいですよね。

・会社帰りに見つけた特価のマグロ、美味しく食べられないかな?
・安く買えるのはありがたいけど、水っぽくない刺身を食べたい…

 

今回は鮮度に悩む方のために、最も簡単で美味しくできる方法を紹介します。

マグロの塩漬けという調理法です。

「せっかくの刺身を勿体ないなぁ」と思う方にこそ味わってほしい逸品なので、是非トライしてみてください!

 

・塩マグロのつくりかた
・パル流の美味しい食べ方
・塩漬けはコスパがいい!

 

スポンサーリンク

塩マグロ(マグロの塩漬け)

塩マグロは小林銅蟲さんのブログ『パル』より、

コストコの牛タンとマグロという記事から知りました。

小林先生の文章表現は読者の食欲を掻き立てますよね。

ただ、全体的に高価な食材をつかう傾向にあるので、すぐに実行できるものではありません。

今回のレシピも悩んだ末、安くなったマグロを見つけたことで決心しました。

 

ヤノケン
ヤノケン

小林先生が言ってるから、
間違いない!(はず)

 

 

塩マグロの作り方

 

①柵で買ったマグロを大量の塩でコーティング
②キッチンペーパーを厚く巻きラップして冷蔵庫へ
③15分後、水で洗い流しペーパーで水分をふきとる
④厚く切る
※ヤノケン流にアレンジしています

手順が少ないため簡単につくることができますね。

ただ、外せないポイントがあるので、よく確認をお願いします。

 

・必ず柵をつかう
・ドリップ対策は斜め置き or ペーパーぐるぐる
・寝かせる時間は厚みによる
・ケチらず厚く切ること!

 

 

必ず『柵』をつかうこと

柵とは刺身に切る直前のブロック状態です。

切ってしまった刺身だと、おいしい塩マグロができないので注意してくださいね。

もし近所のスーパーになかった場合は諦めて、次回のチャンスを待つか冷凍マグロを取り寄せてみてはいかがでしょうか。

 

 

本マグロにこだわる必要はありません。

バチマグロでも作ることは可能です!

 

塩漬け中のドリップ対策

 

塩漬け中は大量のドリップが出ますので、必ず以下のどちらか対策をお願いします。

まずひとつ目は、お皿をナナメにして置き、マグロから出た水分を皿の下のほうに流す方法です。

冬場は室温が低く常温放置でも良いため、こちらのやり方をオススメします。

 

次に、キッチンペーパーで厚く包んでラップする方法です。

冷蔵庫で漬け込む場合は、魚臭さが充満しないようにしたいですよね。

水分を吸収しつつ、匂いも残らないため夏場にオススメです。

 

塩漬けしたマグロを寝かせる時間は15分〜

 

寝かせ終わったら表面の塩を水で洗い流し、キッチンペーパーでふきとります。

小林先生が「30分ほど寝かすと味がうまく決まる」というようなニュアンスで記事を書いていたので、少し長めの25分にチャレンジしてみました。

厚みがある柵の場合は30分でも良さそうです。

よい具合に水分が出て引き締まっていますよね。

見るからにうまそうです。

 

切る時のコツ

 

太めに切りましょう!

ペラペラのマグロなんて食べた気がしません。

ガッツリと贅沢にいきましょう。

切るときは刺身包丁がベストです。

お持ちでない方は包丁を研いで切ると良いですね。

切れない包丁だと身がつぶれちゃいますので、簡易的に茶碗の裏で研いでもよいかもしれません。

オススメはしませんけどね。

 

 

 

塩マグロの美味しさを解説

死んでしまった魚は、海水と体内で塩分濃度の差ができ、浸透圧に差が生じると、圧が低いところのものが、高いところへ流れ、拡散(均一化)する現象が起こります。魚に塩をまぶすと体外へ水分が染み出し、旨みが濃くなる、干物にする等の調理法に利用されている現象ですね。

マルコ水産株式会社HPより引用

 

魚って、干物にするとギュッと旨味が凝縮されますよね。

この現象をうまく利用したのが『塩マグロ』です。

 

ワタミで勤務していた頃、冷凍マグロは3%の温かい食塩水で解凍するのが絶対条件でした。
海水の濃度で解凍することによって、旨味を逃さないようにするのです。
温かい食塩水をつかう理由はマルコ水産株式会社のサイトに書かれています。

 

今回使用した塩は、『伯方の塩』です。

やはり天然の塩のほうが精製塩より味がよいと思われます。

 

 

“パル”流おいしい食べ方

 

ワサビのみでいただきます。

醤油をつける必要はありません。

塩気のバランスが非常によいので、ワサビをたっぷりつけると大変おいしく召し上がれます。

小林銅蟲さんの記事では本ワサビを使っていますね。

あそこまでこだわれたら気持ちいいだろうなぁ。

 

変わった食べ方

マグロの食べ方のひとつに海苔巻きがあります。

塩分が過剰になるため、あまりオススメはしていません。

ただ、塩マグロも例外ではなく海苔巻きがおいしかった…!

韓国海苔で巻くと、舌の上で旨味が暴れます。

 

 

スポンサーリンク

 

塩マグロはコスパが良い!

この塩マグロ、なんといってもコスパが良いのが魅力なんです。

 

マグロなんだから高いでしょ!
どこがコスパいいの?

 

確かに正規の本マグロだと高くなってしまいますね。

でも、値引きされたマグロだとどうでしょうか?

 

タイムセールの生ものは時間がたっているので、身がダレていることが多いもの。

しかし塩漬けをすると身が締まり臭みも解消されます。

 

今回の検証では安くても美味しくなることが証明されたので、個人的には高いパフォーマンスを発揮できると確信しています。

 

〜塩マグロを食べた日〜

ヤノケン

何コレうますぎるやろ…
明日にも残しておこう。

妻

できた?
おっ!なかなかうまいやん。
ヒョイパク、ヒョイパク

ヤノケン

(ぎゃー!!)

 

塩マグロは手間が少ないので、やってみて損はしませんよ!

(もちろん味に関しては新鮮なマグロに敵いませんが、初めて手をだすなら値引きされたもので十分です)

 

まとめ

塩マグロは新鮮な本マグロの刺身に匹敵するほど(人によっては凌駕するほど)、おいしいということが分かりました。

塩やワサビにこだわることで、更においしさを発揮できます。

ネットには様々なアレンジ料理があるのですが、まずはシンプルにワサビで食べてみてください。

続いて海苔巻きもいきましょう。

次に…という頃には完食していると思います。

 

スーパーで値引きされたマグロ(柵)を発見したら、いちどは塩マグロにチャレンジしてみてくださいね!

 

 

小林銅蟲先生の漫画「めしにしましょう」