鍋の残り汁で翌朝に雑炊しちゃダメな理由。

この雑炊…なんかニオウ…

そうです。臭いんです。

余った鍋のスープを翌日に残したことありませんか?僕は先日スッポン鍋をした際に別鍋に取っていたスープが余ったので残しておきました。でもヤメとけば良かったと後悔したんです。

食材の臭みというのは飯を不味くしますのであんなに美味しかったスッポン鍋のイメージが台無しになってしまいます。それはとても残念なことです。

翌日になるとスープに臭みが出るのはハモも同じですね。両者に共通するのは限られた食材から出汁を取るがために雑味や匂いが気になるということでしょうか。僕は市販のスープを使いませんのでそういうことだと思ってます。

翌朝に雑炊をしたい場合はせめてスープを漉して冷蔵保管したほうが良いでしょう。冬場といえども室内は温かいですし、複数人が箸でつついた残り汁であれば一層のこと足が早くなります。


スッポンは大量の水で2時間ほど火を入れました。
灰汁を取る作業が好きです。この無心で何かに打ち込める瞬間は何事にも変えられません。

生姜と料理酒だけで出汁を取ります。途中でスッポンの良い香りが立ち込めてくるので最高です。味の調整のため塩ひとつまみと淡口醤油を大さじ1入れました。

キレイに盛って完成です。

親父がいつも色々と配慮してくれて、今回は市販ですがスッポンを差し入れしてくれました。
感謝。

ブログの感想はこちらまで→ ヤノケンタのレターポット

スポンサーリンク

料理, 野生食材, 野食料理, 食べ物

Posted by yanoken32